代表メッセージ
マルヤマグループ代表 丸山 大知

マルヤマグループ 代表


丸山 大知

新たなるステージへ向けて挑戦します


 丸山木材工業株式会社は1916年に創業し百余年、木材加工業からスタートし、ガゾリン販売、電子基板・換気扇のモーター製造、道路の安全施設整備業、そして子育て事業に至るまで幅広く事業を行って参りました。しかし、今日、国内の我々を取り巻く環境は厳しさを増し、100年後を見据えた時、果たしてこのままでいいのだろうかと考えました。

 木材は紙や、家具、建築材料の原料となり今日ではバイオマス発電用燃料として無限の可能性があると考えられています。山に大量に放置されている未利用木材(間伐材等)も利用可能です。この豊かな森林資源を活用し、木材の無限の可能性を追求する私達の業務は未来へとつながっています。100年、またその先のために、挑戦する企業集団としてグループを見直しました。

 令和4年1月1日から社名を「丸山木材工業株式会社」から「丸山木材ホールディングス株式会社」に変更させていただくことになりました。単に利益を追い求めるのではなく「社会性」を最重要視し、地域社会から必要とされる企業を目指して参ります。今後も是非、「マルヤマグループ・丸山木材ホールディングス株式会社」をよろしくお願い申し上げます。