岐阜県中津川市の丸山木材工業株式会社は、お家づくりから子育てまで、暮らしに関わる総合クループ企業です。

AND, TO THE FUTURE

AND,
TO THE FUTURE

感謝いっぱいの100周年

マルヤマグループは、さまざまな事業を営む総合企業。おかげさまで、今年で100周年を迎えます。新築・リフォーム・不動産から道路関連事業にわたる建設関係をはじめ、木材の製品販売、電子基板製造、幼稚園・保育園の経営など、多分野広範囲にわたる事業を展開しています。

FOR KEEP THE FOREST

FOR
KEEP THE FOREST

「企業の森」プロジェクトに参加します

近年、地球温暖化など環境問題への社会的関心が高まるなか、山地災害防止、水源かん養、さらに二酸化炭素の吸収源など、森の持つ環境保持機能が再評価されつつあります。そしてこれらの機能の向上に貢献する「森林づくり」に参加する企業が増えています。
こうした活動は一般に「企業の森」と呼ばれています。丸山木材工業株式会社では、岐阜県の岐阜県森林づくり基本計画で掲げる「県民協働による森林づくりプロジェクト」のひとつ「企業との協働による森林づくりの推進」を、中津川市と連携しながらスタートします。県と企業、市民が一体となった「企業の森」プロジェクトにご期待ください。

NEWS新着情報

GROUPグループ企業

MEANING HAS BEEN PUT IN

MEANING THAT
HAS BEEN PUT IN

ロゴのこと

簡略化した「M」の文字を縦に三つ並べ、木に見せたイラストがベース。三つのMは「丸山」のM、「森」のM、そして「未来」のMを表します。左肩の三角は矢印風に表現し、木と共に成長を続ける企業姿勢を表しています。英字のWOODはOを重ねて「∞=無限大」の記号とリンク。可能性を多分に秘めた、夢のある企業カラーを表しています。

VOICE OF REPRESENTANTIVES

VOICE OF
REPRESENTATIVES

マルヤマグループ社長 / 丸山 輝城

「創業100周年を迎えて」
1916年(大正5年)5月 現恵那市岩村町に製材工場を創設して本年創業100年を迎える事となりました。
日本に100年企業は、27,000社ほど存在すると言われております。
世界の100年企業のうち80%を日本企業が占めているとの事です。
日本の企業経営者は、短期的に自分達が良ければよいとする戦略より、長期的視点に立ち、社会や人々の生活に貢献し、共存する道を選んだ結果とも言われております。
100年企業の共通するものは、環境の変化に敏感であり、組織と所属する人々が健康体で結束力が強い事と言われております。
我社、我がグループを振り返る時、これらの事が充分満たされているとは言いがたい部分もありますが、次代を担う若い力で今後一層磨きをかけて、その光を大きく輝かせて行く事が可能と考えております。

この年に心血を注いで10年先を見通した基本政策の構築をして参ります。

企業経営は、ゴールのない競争であります。日々歩む歩幅は異なっていても、会社員の人達がその歩みを止めず成長を目指して、次代に向けたイノベーションを進め、地域社会へ貢献出来る企業体にして参ります。