合理化された製造ライン

ステータ

01コイル材プレス

200tの高速プレスでコイル材をプレス加工します。

コイル材とプレス機 コイル材とプレス機
コイル材とプレス機
プレス加工し積層された製品 プレス加工し積層された製品
プレス加工し積層された製品

02溶接

プレス加工された製品を既定の厚さに積層して溶接します。

溶接
溶接後
溶接後

機械入れ

03機械入れコイル巻き

機械巻き用コイルは49S(コア外径95φ)、69S、80Sの3サイズ。GSW巻線機によって高速で巻かれます。

コイル巻き
icon
コイル巻き

04機械入れコイル入れ

機械入れはコイルインサーターにより、コイルをステータに自動挿入します。

コイル入れ コイル入れ
コイル入れ

05機械入れ中間成型

コイル挿入後、コイルエンドを成型機により、規定寸法に成形します。

中間成型
中間成型
内外径と高さを揃える

06機械入れ中性点・口出し線処理

絶縁スリーブを取り付けます。

スリーブ(絶縁)挿入
スリーブ(絶縁)挿入 スリーブ取り付け前(左)と後(右)
スリーブ取り付け前(左)と後(右)

07機械入れ巻線結束・最終成型

機械巻ダブルリレーシングマシンを使い巻線を結束し強度を高めます コイルエンドの成形を保持します。

巻線結束・最終成型 巻線結束・最終成型
巻線結束・最終成型 電気検査を待つ製品
電気検査を待つ製品

手入れ

03手入れコイル巻き

線の太さは0.16mm~1.00mm、三連コイル巻き線機を使用してコイルを巻きます。

コイル巻き
コイル巻き 手入れ用コイル
手入れ用コイル

04手入れコイル入れ

コイルインサーターで自動挿入が出来ない仕様の製品は専門スタッフが丹念に手入れ作業で行います。
手入れ作業はその技能が製品の品質・信頼性に直結するため、熟練の技が必要となります。

コイル入れ コイル入れ
コイル入れ 手入れ作業を終えた製品
手入れ作業を終えた製品

05手入れスリーブ(絶縁)挿入

06手入れ巻線結束

07手入れ成型

手入れ仕様の製品は、巻線結束~成形を1台づつ丁寧に手作業にておこないます。

スリーブ(絶縁)挿入 巻線結束 成型
スリーブ(絶縁)挿入 巻線結束 成型

08中間検査(目視・電気)

インピーダンス、サージ波形、コロナ放電、耐圧試験、電流値、回転方向のチェックを行います。

中間検査(目視・電気) 中間検査(目視・電気)
中間検査(目視・電気) 電気検査を待つ製品
電気検査を待つ製品

09ワニス処理

大きさの異なる製品を連続的にワニス含浸ができる連続ワニス含浸装置にて絶縁処理を行います。

ワニス処理 ワニス処理
ワニス処理 コーティングされた製品
コーティングされた製品

10リード付け

仕様に応じたリード線をハンダ付けします。

リード付け
リード付け

11検査(電気・外観)

インピーダンス、サージ波形、耐圧試験、電流値、回転方向と外観に異常がないかチェックを行います。

検査(電気・外観)
検査(電気・外観)

12箱詰め・出荷

検査を終えた製品は箱詰めされ出荷されます。

箱詰め・出荷
箱詰め・出荷

モーターコア

01コイル材プレス加工

200tの高速プレスでコイル材をプレス加工します。

コイル材プレス加工) コイル材プレス加工
プレス加工後のコア 規定の高さに加工されたコア
プレス加工後のコア                                 プレス加工し積層された製品

02ダイキャスト

仕様に応じ純アルミまたは 高抵抗アルミでダイキャストします。

ダイキャスト ダイキャスト ダイキャスト
ダイキャスト ダイキャスト後
ダイキャスト後

03バリ取り

バリを取り整えます。

バリ取り
バリ取り バリ取り後
バリ取り後

04箱詰め・出荷

箱詰めし出荷します。

箱詰め・出荷
箱詰め・出荷

イワビシ 岩村工場

〒509-7403

岐阜県恵那市岩村町矢坪2453-1

TEL/0573-43-2315

FAX/0573-43-2410